top of page

病院近くの「もう一つのわが家」――病と闘う子どもと家族を支える“ハウス”の実情

Yahoo!ニュース特集 2018年11月2日公開

たとえばあなたの子どもが重い病にかかり、遠方の病院に長期入院することになって、つきっきりで看護をするとなったとしたら――。看護する家族の滞在費だけでも、家計の負担はかなり重くなる。そんな家族のために存在するのが「ホスピタル・ホスピタリティ・ハウス」だ。入院する子どもとその家族のための安価な宿泊施設で、「病院近くのもう一つのわが家」とも言われる。現在国内に約130の施設がある。支えるのは寄付とボランティアたち。利用者、ボランティアたちの想いと課題を取材した。(ノンフィクションライター 古川雅子/Yahoo!ニュース 特集編集部)

https://news.yahoo.co.jp/feature/1131/

※カバー写真は、撮影者の許諾を得ています。

bottom of page